高反発枕 低反発枕 違い

高反発枕と低反発枕の違いは?肩こりに効くのはどっち?

 

「高反発枕と低反発枕は結局どっちが肩や首のコリに効果があるの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは高反発枕と低反発枕の違いや効果についてご紹介していきます。

 

高反発枕と低反発枕の違い

高反発枕と低反発枕の一番の違いは、反発力の違いです。

 

そのままなのですが、この違いで体に与える影響がかなり変わってきます。

 

低反発枕

 

低反発枕は、頭や首の形に合わせてゆっくりと沈み込んでいくのでフィット感があり、体圧を均等にする効果がありますので、首や肩の負担を減らすことが出来ます。

 

だた反発力が弱いので変な姿勢でいったん沈んでしまうと、その体制から寝返りが打ちづらくなってしまってしまいますので、逆に体に負担がかかってしまう場合があります。

 

高反発枕

 

高反発枕は、硬いと思っている方が多いと思いますが、硬いわけではなく反発力が高い枕です。

 

クッションを想像すると分かりやすいと思いますが、クッションは柔らかいですが手で潰しても手を離せとすぐにもとの形に戻ります。これが反発力です。

 

高反発枕はこの反発力で肩や首をしっかりと支えてくれますので、血流がよくなり肩や首のコリを改善する効果があります。

 

また圧力を分散する効果も高く、寝返りも打ちやすいので全身の血行がよくなる効果もあります。

 

高反発枕と低反発枕のメリット・デメリットまとめ表

低反発枕
メリット デメリット
形に合わせてゆっくり沈み込むので頭にフィットする 寝返りが打ちづらい
圧力が一点に集中しないので肩や首への負担が減る 気温によって柔らかさが変わる
話題になったので商品数が多い 熱がこもりやすい
高品質なものは長持ちする 洗うことが出来ない

 

高反発枕
メリット デメリット
寝返りが打ちやすい 通常の枕よりも価格が高いものが多い
耐久性が高いのでヘタりにくい 低反発枕と比べるとフィット感がない
気温の変化による柔らかさの変化が少ない 低反発枕と比べると商品数が少ない
通気性が良い 取扱店が少ない
柔らかくフワフワした感触 品質の悪いものはゴム臭がキツイ
首や肩のコリ腰痛対策に向いている 洗うことが出来ない

 

肩や首のコリを解消できるのは高反発枕?低反発枕?

 

肩や首のこりの原因は、疲労の蓄積や血行不良による筋肉疲労が原因だと言われています。

 

肩や首のコリを改善するには、肩や首の血流を良くして筋肉をしっかりと休ませることが重要です。

 

低反発枕は、圧力の分散に優れていて、頭や首の形に合わせてゆっくりと変形するのでフィット感がありますが、反発力が弱く一度沈み込むと中々元の形に戻らないので寝返りが打ちづらくなります。

 

私たちが寝返りを打つ理由は、ずっと同じ体勢だと特定の部分に体重がかかってしまって、筋肉が疲労したり、血液やリンパの流れが悪くなってしまうからです。

 

適度な寝返りが打てないと肩や首のコリを悪化させてしまいます。

 

高反発枕は、低反発枕になれている方ははじめ違和感を感じるかもしれませんが、適度な反発力と体圧の分散効果でしっかりと肩や首の筋肉を支えて寝返りをサポートしてくれます。

 

自然な寝返りをサポートすることで血流が良くなり一日のコリを解消することが出来ます。

 

また、商品によりますが首の骨の矯正効果もあるので、肩や首のコリを根本から改善する効果もあります。

 

まとめ

低反発枕は、フィット感が高く肩や首の負担を軽減してくれるが、寝返りが打ちづらいので肩や首のコリが悪化してしまう可能性がある。

 

高反発枕は、適度な反発力と圧力を分散して身体の負担を減らし、寝返りをサポートしてしっかりと筋肉を休めることが出来るので、首や肩のコリを解消できる。

 

 

高反発枕は、価格や柔らかさ、形が色々あり商品によって違います。

 

当然ですが、高さや柔らかさが合わなければ肩や首のコリが悪化する可能性がありますので、ご自分にあったものを選びましょう。


 

 

page top